top of page
  • 前田典子

自分の体のこと


プティブルを始めた頃。


心身が疲れたら、

サロンに出かけ、人の力を借りて

リラックスしたり、体をほぐしたりしてもらうことが一番!と、感じでいる方がほとんどだったな。

体を鍛えたりなどの考え方もあまり無かったように思う。




今のようにフィットネスだのヨガスタジオなどは無いに等しく、体を動かすとなれば大体のところはジョギングをしたり、散歩のたぐい。


リラクゼーションサロンを運営しつつ、お客様は何を望んでいるのかに目を向けながら、自分が思うサロン内のパフォーマンスを増やしてきた。


フェイシャルエステ

エサレンボディーマッサージ

アーユルヴェーダマッサージ

ストーンマッサージ

レイキヒーリング


ヨガ

タイ式ヨガ

ハンモックヨガ

骨格矯正

ピラティスフローとピラティスマシン



ヨガや、レイキ指導者も育ててみた。






10年以上前になるかと思うが、私が強く感じた『これから。。』

それは

『他力より自力』の精神。


自分の体の不具合は、日々自分でケアできるようであること。

ヘルシーな生活やヘルシーマインドを育むこと。



自分で自分の体の取り扱いを熟知できてこそ、、

たまには、人の手をかり、そこに身を委ね、、

リラクゼーションテクニックを学び、日常のセルフケアにいかすのだ。


ヨガやアーユルヴェーダはそこへと導くツールである。



ヨガは、いかなる苦悩の中にも、健やかな心身のあり方を説いている。

アーユルヴェーダは、肉体や、魂への具体的な働きかけであり生命の化学である。



自分の体のこと、、心の中。

いつも気にかけ

大切に大切に、手をかけ、愛情を注ぐ。




この世から消えてなくなるまで、私が預かったこの体を大事にしよう。







閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page