• 前田典子

子供のころのまんま


意識の根底にある事、、

自分らしさや、

真実、、


最近ふと考えることがある。



理想を追い求めたり、自己実現を果たしたい、、

などと自分と向き合い研鑽の日々。


50猶予年を生きてきたけれど、結局は求めるところ、追い求めることや、人生の目的とは

自分らしさに還り、自分らしく生き抜くことかな?って、思ったりする。



思えば私、、子供のころのまんま。。


自分の本能に忠実に生きて、泣いたり笑ったり、怒ったり、、悔しかったり嬉しかったり、、、


私はどうしたかったのだろう。



本質は変わらない気がする。

ただ、大人らしく、体裁や、見栄や、表向きなんかを知ったが故に、、

こうあるべきかな?とか、、

余計な考えが自分らしさの邪魔をする。



私は初めから変わらない。

思い出話や勝手な想像からも、

生まれたばかりの赤ちゃんの時から、


私は泣き方や、生きる上での振る舞いが、、

今とそうそう変わらないのではないか?と、思えるのだ。おかしいね。


不思議だな。


何でか今、そんなふうに自分を見つめ直している。





閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示